“ほくろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
黒子93.5%
黒痣3.2%
墨子0.6%
0.6%
頬黒0.6%
黒字0.6%
黶子0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄青いペンキ塗の洋食店の二階も、そこに席を占めたまゆの間に黒子ほくろのある紳士も、色の白い女も、ことごとくこの空気に包まれていた。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
むしろを剥ぐと、五十五六の立派な體格で、顏はセピヤ色にけて居りますが、眼鼻立も見事、小鼻の脇の黒子ほくろが妙に氣になります。
日本では女の顔の黒子ほくろなどは美貌の瑕瑾きずとして現に年頃の娘さんなどはそれを苦にしてわざわざ医師に頼んで抜いて貰ふものさへある位である。
東西ほくろ考 (新字旧仮名) / 堀口九万一(著)
其の上両児ふたりとも左の眼尻にぽッつり黒痣ほくろが寸分違わぬ所にあります。
伊之吉といえば勝五郎の世話で深川の大芳棟梁のとこへ養子にやったお若の双児ふたごであるなと思召しますから、いよ/\恟りなされて左の眼のふちの黒痣ほくろにお眼をおけあそばしますと
頭は(紺)頭は貴方の様な散髪で(荻)顔に何か目印があるか(紺)左の目の下に黒痣ほくろ
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「これよっく聞け大岡様は、成程貴様とそっくりだが、只一点違う所は、左の眉尻に墨子ほくろがある。どうだどうだ一言もあるめえ!」
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
次に狩野かのうという顔にほくろのある訓導と杉田という肥った師範しはん校出とが紹介された。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
目の四方に青いくましたり、一方のに黒い頬黒ほくろこしらへたりする女であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
眼じりに有名な黒字ほくろがある。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
生れたる赤子は彼聖者の如く老衰したる面貌を呈し、生れし時、両手を胸の上にて組み合せ、開きたる目はくうを見居り、肩の上に黶子ほくろありて、聖者の戴ける垂れたる帽子の形になり居りし由に候。