“ひょうぜん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
飄然90.4%
漂然5.2%
瓢然2.6%
諷然0.9%
飃然0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれは飄然と日本から影を消し、徳川万太郎は失意の結果、身を隠したのだろうと人の取沙汰する時分に、羅馬王朝の貴族となり
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そういうふうに彼は二年も三年も漂然といなくなって、現れるとムッツリとした風貌を示し、やがてまた人々に送られて、至極満足そうなニコニコ顔で出かけた。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
瓢然たる一種の道楽息子と成果てつ、家にては父母を養うの資力なく、世にては父母をわすの名声なし、思えば我は実に不幸の子なりき。
父の墓 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
やがて落葉を踏む音して、お杉諷然と帰って来た。男は黙って鳥をっていた。二人共に暫時は何のをも交さなかったが、お杉の方からに口を切った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
独語のように云って、お杉は矗然ったかと見るに、左右の人々を一々め廻しながら、彼女はふらふらと歩き出した。加之も今の騒動は忘れたように、諷然と表へ出て行った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その渦中に二十一歳のショパンが飃然として若い姿を現したのである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)