“はゞか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
99.3%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のおなじ火事に、靈岸島は、かたりぐさにするのも痛々しくられるが、あはれ、今度被服廠あとで、男女死體伏重なつた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
小六さん、座敷てて、洋燈けて頂戴せないだから」と依頼んだ。小六簡單
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
そんな言葉は一層世間態をつて、ただ体中に力を込めて震ひ出すに違ひないから、それだつて咳のやうだらう、此方は恥知らずだから、あべこべに狂暴な叫びをあげたら
熱い風 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)