“とうりゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
逗留96.4%
鄧龍1.2%
湯隆0.6%
刀流0.6%
桃柳0.6%
蕩流0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿の娘ではないし、誰か連れがあって冬籠りをする逗留の客に違いない。その連れはいずれも相当の教養もあり、風流も解する人だ。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そして来るやいな、魯智深は、いきなり背を小突かれて、階の下に膝をついた。百姓たちも揃って、鄧龍の姿を仰いでぬかずいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おお」と宋江は目をやって「——そう申すのは、李逵の手引きで先頃入った武岡鎮の鍛冶屋銭豹子湯隆じゃないか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
苗字、名は、つまり湯隆という者で、父はもと延安府軍寨長官だったそうだが、軍人の子にもやくざは多い。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
芝の源助町に道場をひらいて荒剣江府の剣界を断然リードして、その、その、ともに無人の境を行くの概あった先生に、神保造酒という暴れ者があった。神保造酒……無形刀流正伝
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
この法華経随喜功徳品の一から胎発した無形刀流だ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
はい……お祖父さん昨夜祭礼で講釈師の桃林の弟子の桃柳と云うのが来ましたが、始めて此処へ来たもんだから座敷をてやろうと旦那さまがお口をお利きなすったもんですから
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大風颯々たる、怒濤澎湃たる、飛瀑※々たる、あるいは洪水天にして邑里蕩流し、あるいは両軍相接して弾丸雨注し、艨艟相交りて水雷海をかすが如き、皆雄渾ならざるはなし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)