“つうく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
痛苦66.7%
通衢33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まどもとせい痛苦つうくたゞあかそよぎえたてぬくさの花
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
終日しうじつ辛勞しんらう一杯いつぱいさけために、陶然たうぜんとしてツて、すべて人生の痛苦つうくわすれて了ふ。恁ういふことが出來たら
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
羅馬なる猶太街ゲツトオの狹きも、これに比べては尚通衢つうく大路おほぢと稱するに足るならん。