“だんごや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
團子屋60.0%
団子屋40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
綺麗きれいいてちりめず廣々ひろ/″\した、團子屋だんごや奧庭おくには背後うしろにして
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
團子屋だんごや背高せいたか愛想氣あいそげのない汁粉しるこやをおとづれて、うだまうけがあるかえとへば
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それでも尚、彼は不安であったとみえ、そこから近い菖蒲河岸あやめがし団子屋だんごやの二階を借りて、たいがいは其処へ来ていた。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もっとも送別会などの節は特別であるが、単独にあまり上等でない場所へ行くのはよしたい——たとえば蕎麦屋そばやだの、団子屋だんごやだの——と云いかけたらまた一同が笑った。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)