“かたず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カタズ
語句割合
固唾81.5%
片唾12.7%
1.9%
堅唾1.9%
固睡1.2%
型摺0.4%
肩摺0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しいんと一斉に固唾を呑んだ黒い影をそよがせて、真青な月光に染まっている障子の表をさっとひとで冷たい夜風が撫でていった。
十万石の怪談 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
それは敵か味方かと片唾を飲んでいるまもなく、大屋根まで駈けつけた右の男は、いきなり群がる裸虫を片端から突き落しはじめました。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
左様サ、お正さんが二十位の時だろう、四年前の事だ、だからおさんは二十四の春いたというものだ。」
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
私は、一時に四方の薄暗さと冷気が身にこたえる涼台の上で、堅唾をのんで、報道を聞いた。どんな田舎の新聞でも、戒厳令を敷いたことまで誤報はしまい。
私の覚え書 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
仏壇を前に、半円を描いた七人も思わず固睡を呑みました。
旅の若い女性は、型摺りの大様な美しい模様をおいたる物を襲うて居る。笠は、浅いに、深い縹色の布が、うなじを隠すほどに、さがっていた。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
山遊びの時分には、女も駕籠も通る。狭くはないから、肩摺れるほどではないが、まざまざと足が並んで、はっと不意に、こっちが立停まる処を、抜けた。
朱日記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)