“固睡”の読み方と例文
読み方割合
かたず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平次はいよいよ最後の問まで辿りつきました。お吉も、お雪も、ガラッ八も、思わず固睡を呑んで、按摩の唇の動きように見入ります。
仏壇を前に、半円を描いた七人も思わず固睡を呑みました。
勘五郎は臆病そうに固睡を呑むのです。