“黒出”の読み方と例文
読み方割合
くろで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
処へ参ったのは業平文治で、姿黒出黄八丈にお納戸献上の帯をしめ蝋色鞘脇差をさし、の手拭を持って、ガラリッと障子を開けますと
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
派手なるは振袖緋無垢ねて、なるは、いつてもかぬは黒出たちに鼈甲のさし今樣ならばぐさりのちらつくべきなりし
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そこが年のかんからぐに立上りましたが、黒出の黄八丈の小袖にお納戸献上の帯の解け掛りましたのを前へみながら、十三間平骨の扇を持って善之進は水司のいる部屋へ通ります。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)