“平骨”の読み方と例文
読み方割合
ひらぼね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朱雀綾小路で、じみな紺の水干揉烏帽子をかけた、二十ばかりの、醜い、片目の侍が、平骨の扇を上げて、通りかかりの老婆を呼びとめた。——
偸盗 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そこが年のかんからぐに立上りましたが、黒出の黄八丈の小袖にお納戸献上の帯の解け掛りましたのを前へみながら、十三間平骨の扇を持って善之進は水司のいる部屋へ通ります。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
紳士は衣袋の間から一本平骨の扇子を抜出して、胸の辺りを、さやさや。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)