“霊泉”の読み方と例文
読み方割合
れいせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「かわいそうにこのは、片目を鉄砲でたれているため、だいぶ苦しがっている。はやくその霊泉で洗ってやるがよい。すぐなおる」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
御念ばぬ、く……霊泉させて、もなく疲労もなく苦悩もなく、かにしておす。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
また数旬をて、先生予を箱根霊泉してを養わしめんとの事にて、すなわち先生一家子女と共に老妻諸共湯本福住すること三旬、先生にして或は古墳旧刹