しょう)” の例文
というのは、は国とはいうものの、もともとの一地方でしかない。然るに、楚が侯国でありながら王を僭称しているのにならって、彼も自ら公と称することにしている。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
からへと出る途すがら、子路が独り孔子の一行にれて畑中のを歩いて行くと、うた一人の老人に会った。子路が気軽に会釈して、夫子を見ざりしや、と問う。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
同乗するもの八人、程、、楊、牛、、宋、史なり。は皆涙をって別れまいらす。帝は道を溧陽に取りて、呉江黄渓の史彬の家に至りたもうに、月のを以て諸臣またまりて伺候す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)