“良薬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょうやく75.0%
いゝくすり25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、良薬をもらって、そのえがわりました。じいさんは、にこにことして、仕事をするのにいができたのでした。
手風琴 (新字新仮名) / 小川未明(著)
は、てから、そのれられて、らぬ他国してきました。そのに、はまた苦心して、良薬しました。
木と鳥になった姉妹 (新字新仮名) / 小川未明(著)
盗賊ではございません、実は母親が眼病で難渋して居ります、それに七歳になる妹がございまして生計に差支えますから、母親に良薬ませる事が出来ませんので
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)