“淡竹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はちく80.0%
またけ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人が淡竹はちくの間のみちかわらの方におりて土橋にかかったところで、与右衛門は不意に累の荷物に手をかけて突き飛ばした。
累物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
二人は本陣の裏木戸から、隣家の伏見屋の酒蔵さかぐらについて、暗いほど茂った苦竹まだけ淡竹はちくやぶの横へ出た。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
竹といっても中々沢山な種類がありますが、まずその中で淡竹はちく苦竹まだけとが大関です。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
岸の淡竹はちくの藪の向ふには、水が青く淵をたゝへて、筏が絵のやうに静かに滑つて行つた。
草津から伊香保まで (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
路に沿った長い汚ないどぶには、あしの新芽や沢瀉おもだかがごたごたとえて、淡竹またけの雨をおびたやぶがその上におおいかぶさった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)