“淡竹色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うすたけいろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は美しく装いをこらした淡竹色うすたけいろ裳裾もすそきながら、泉の傍へ近寄って水を汲んだ。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)