“淡桃色”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うすもゝいろ50.0%
うすもゝもいろ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“淡桃色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
淡桃色うすもゝいろのリボンをつけたお嬢さんよ、なんといふ踊りの巧みなことでせう。水の中にすんでゐる、蝶々のやうだ。』
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
淡桃色うすもゝいろのリボンをつけたお嬢さんよ、なんといふ、美しい声をおもちでせう。水の中にすんでゐる鶯のやうだ。』
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
娘たちは淡桃色うすもゝもいろのひだ飾りのついた、それは大きなリボンを結んで居りました。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)