“横平”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうへい50.0%
よこひら50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“横平”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
宗近君は椅子いす横平おうへいな腰を据えてさっきから隣りのことを聴いている。
虞美人草 (新字新仮名) epub / 夏目漱石(著)
――内地では、労働者が「横平おうへい」になって無理がきかなくなり、市場も大体開拓されつくして、行詰ってくると、資本家は「北海道・樺太へ!」鉤爪かぎづめをのばした。
蟹工船 (新字新仮名) epub / 小林多喜二(著)
二俣の東南寄りに、横平よこひら山という高地がある。この高地は三ノ嶽の脈に当って吉次、半高の諸山に連り、その支脈は更に田原坂、白木に及んで居る。
田原坂合戦 (新字新仮名) epub / 菊池寛(著)
わざと知らせて馬鹿ばかがらせてよろこばせれば、大面先生おほづらせんせい横平よこひらたく、其面そのつらまはし、菊塢きくう可笑をかしやつ
隅田の春 (新字旧仮名) epub / 饗庭篁村(著)