“明々後日”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やのあさつて33.3%
しあさって22.2%
しあさつて22.2%
そのあさって11.1%
やのあさって11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“明々後日”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何有なあに明々後日やのあさつてにならば、二十人は屹度來あんすでア、保險附だ。』と、秋野は鉛筆を削つてゐる。
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
何有なあに明々後日やのあさつてになれば、二十人は屹度来あんすでア。保険付だ。』と、秋野は鉛筆を削つてゐる。
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
明々後日しあさっては、どうやら俺が真々館へ乗り込んで、一席ずつやり合うというんじゃないか。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
明々後日しあさっての朝? ありがとうきっとお待ち申していますからぜひですのよ
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
可児君の声 それぢや、明日……はいけないと、明後日もなんだから、明々後日しあさつてにしてくれ給へ。
可児君の面会日 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「もう、明日あした明後日あさつて明々後日しあさつて……」
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
「ああ、どうぞあけ方までに、繰返して、もう一度その経を誦したまえ、絶えず、念じて下さい。私も覚えて念じよう。明日あす、また明後日あさって明々後日そのあさっても、幾度いくたびも、本尊の前途を見届けるまでは、貴方は帰さん、誰にも逢わん。」
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「あす、あさって、明々後日やのあさって」と女は指を折って、「やのあさってに決まったの。しかしね、わたしは今になって、また気が迷って来たのよ」と言いつつ首をたれていたが、そっとそでで目をぬぐった様子。
少年の悲哀 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)