“しあさって”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
明々後日66.7%
明後々日33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明々後日しあさっては、どうやら俺が真々館へ乗り込んで、一席ずつやり合うというんじゃないか。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
明々後日しあさっての朝? ありがとうきっとお待ち申していますからぜひですのよ
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「ね親分、六十三の今日なら、明日は六十四でしょう、明後日あさってで六十五、明後々日しあさっては六十六——」