“小錢”の読み方と例文
新字:小銭
読み方割合
こぜに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
には小錢へてくことも出來るのであつたがくコツプけたのでして餘裕してはなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
平次はさう言つて、の中の小錢を鳴らすのです。それをらずに濟んだのが、反つて嬉しさうでもあります。
花籠いてんだものゝ年齡だけ小錢れて、それをした時々ざら/\とつてはから小錢した。小供つてそれをつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)