“小手毬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こでまり66.7%
こてまり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小手毬”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
花壇の周りを一と廻りして、池のみぎわのライラックや小手毬こでまりの枝をしらべてみたりしてから、そこへけて来た鈴を抱き上げて
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
小手毬こでまりの花の遅いのも咲いていた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「お貰いに行くのも結構ですが、今日は二人で遊びましょう。色々の花が咲きました、桜に山吹に小手毬こてまり草に木瓜ぼけすもも木蘭もくらんに、海棠かいどうの花も咲きました」こう云ったのは弁才坊。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)