“封込”の読み方と例文
読み方割合
ふうじこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たいされて、人目らぬ封込められた蟾蜍く、わが鉱皮められてゐる、ほかのたちは清浄肉身上天するのだらう。
天下御法度の現金輸送という奴で、紙幣のまま封込んだ添手紙が新聞社宛に托される。
青バスの女 (新字新仮名) / 辰野九紫(著)
昔、人と水と戦って、この里の滅びようとした時、大徳泰澄行力で、竜神をその夜叉ヶ池に封込んだ。竜神の言うには、人のれ、地の沈むを救うために、自由を奪わるるは、是非に及ばん。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)