“即非”の読み方と例文
読み方割合
そくひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
めたいのが、して幾本となく風情しんだ。ある大悲閣つて、即非仰向きながら、谷底いた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
松の幹の染めたように赤いのが、日を照り返して幾本となく並ぶ風情を楽しんだ。ある時は大悲閣へ登って、即非の額の下に仰向きながら、谷底の流をの音を聞いた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
余は書においては皆無鑒識のない男だが、平生から、黄檗高泉和尚筆致を愛している。隠元即非木庵もそれぞれに面白味はあるが、高泉の字が一番蒼勁でしかも雅馴である。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)