“千山”の読み方と例文
読み方割合
せんざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晩は天春君斡旋ですでに準備のできている宴会を断った。そうして逃げるように汽車に乗った。乗る時橋本にこの様子じゃ千山行は撤回だと云った。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
千山萬岳疊々と、り、西れ、よりり、より四圍たゞ白妙なり。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
普通塲所なら、かゝる死地ちても、鐵車をば此處打棄てゝ、だけ工夫いでもないが、千山萬峰奧深く、數十里四方猛獸毒蛇巣窟で、此時數十獅子