“助手:じょしゅ” の例文
“助手:じょしゅ”を含む作品の著者(上位)作品数
宮沢賢治2
江戸川乱歩1
豊島与志雄1
“助手:じょしゅ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私はいきなり、助手じょしゅやほかの火夫かふといっしょに、機関車きかんしゃからとびだして、かけつけていきました。
ばかな汽車 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
それは、名たんてい明智小五郎の助手じょしゅの小林くんだったのです。ヘリコプターの中にかくれていて、たけしくんたちを助けてくれた、あの小林くんだったのです。
ふしぎな人 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「おれは内地の農林のうりん学校の助手じょしゅだよ、だから標本ひょうほんあつめに来たんだい。」私はだんだん雲のえて青ぞらの出て来る空を見ながら
サガレンと八月 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「おれは学校の助手じょしゅだからさ。」私はついまたつりこまれてどなりました。
サガレンと八月 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
だんだん近づいて見ると、一人のせいの高い、ひどい近眼鏡きんがんきょうをかけ、長靴ながぐつをはいた学者がくしゃらしい人が、手帳てちょうに何かせわしそうに書きつけながら、つるはしをふりあげたり、スコップをつかったりしている、三人の助手じょしゅらしい人たちに夢中むちゅうでいろいろ指図さしずをしていました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)