“切懸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きつかけ50.0%
きりかけ25.0%
きりかゝ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其麽筈はないと自分で制しながらも、斷々に、信吾が此女を莫迦に讃めてゐた事、自分がそれを兎や角冷かした事を思出してゐたが、腰を掛けるを切懸
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
軒には品のいい半蔀を釣るんだ。……家のりには檜垣をめぐらしてもいい。それから、小ざっぱりした中庭を作ろう。切懸のような板囲いで仕切って、そいつには青々とした蔓草わせるんだ。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
其所に居るのはお梅かと言へばお梅はオヽさん何卒けて下されと聞くより上臺は馳寄るに雲助は是を見て邪魔だてなすなと振上て掛るを引外し脇差切懸るに彼の雲助は逃ら女を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)