“きりかけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
切掛66.7%
切懸33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
開くに吉三郎にはあらで一人の男拔打切掛しかばお竹はあなやと驚き奧の方へ迯入ながら泥棒と聲を立てるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と云って倒れたから、相助は驚いて逃出す所を、後ろから切掛るのを見て、お國は
指貫き候ひぬ然ども勇氣の喜内樣故れながらも跳返し給ひ短刀にて唯一にと切掛給ひしが御病中と云深手れし上なれば御みて吾助が小鬢を少し斬れしのみ折柄燈火ければ吾助は是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
軒には品のいい半蔀を釣るんだ。……家のりには檜垣をめぐらしてもいい。それから、小ざっぱりした中庭を作ろう。切懸のような板囲いで仕切って、そいつには青々とした蔓草わせるんだ。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)