“きりかゝ”の漢字の書き方と例文
語句割合
切懸100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其所に居るのはお梅かと言へばお梅はオヽさん何卒けて下されと聞くより上臺は馳寄るに雲助は是を見て邪魔だてなすなと振上て掛るを引外し脇差切懸るに彼の雲助は逃ら女を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)