“其段”の読み方と例文
読み方割合
そのだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盜賊人殺しなりとへけれども吉三郎事はて其方密通よりひて與兵衞たりと云故其段明白に吟味せんを呼出したり其方此事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
私事く相成候とも、決しての病にては無之御前様御事思死死候ものと、何卒々々御愍被下其段はゆめゆめにては無御座、みづから堅く信じ居候事に御座候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
沢は実は其段心得て居た、為に口籠つた。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)