“光照寺”の読み方と例文
読み方割合
くわうせうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よりして界隈では、通寺町保善寺一樹藁店光照寺一樹、とともに、三枚振袖絲櫻名木と、へられたさうである。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
取出し祐然にへ是は輕少ながら我々より當座回向料なり又江戸表へ立歸らば披露致し御沙汰有之候取計ひ申すべしと挨拶に及び夫より祐然にを告げ光照寺
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
或日のさがり、瀬町光照寺といふ寺へ、身装の正しい若者が一人訪れて来た。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)