“代議士”の読み方と例文
読み方割合
だいぎし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えてごらん、これまでたちの代表としてんだ代議士が、ほんとうに、たちのってくれたといえるかい。
心の芽 (新字新仮名) / 小川未明(著)
やがて報知新聞記者、いまは代議士である、田中萬逸君そのである。反對黨は、ひやかしてやるがいゝ。が、その、もう一度かされた。眞夜中である。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しの手違ひに突入つてつてり、山上大激論まり、警務長郡長代議士などがつて、なりの圓滿?にび、一中止して發掘けるとなつたが