“郡長”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぐんちやう50.0%
こほりおさ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“郡長”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
警務長けいむちやう郡長ぐんちやう代議士だいぎしなどがなかつて、かくゆがみなりの圓滿ゑんまん?にきよくむす
老いし博士はくし郡長こほりおさ、 やゝ凄涼のおもひなり。
文語詩稿 五十篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)