“不動尊”の読み方と例文
読み方割合
ふどうそん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
師匠のおは縁日ものの植木鉢を並べ、不動尊の掛物をかけたにしてべったりったの上に三味線をかかえ、で時々前髪のあたりをかきながら、掛声をかけては弾くと
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
、十二、三になったばかりの、孝行のむすこが、医者はなした母親病気を、なおしたい一で、不動尊をかけて、あの頂上まで、おをもらいにったことがあると、いたが。
雲のわくころ (新字新仮名) / 小川未明(著)
師匠のお縁日ものゝ植木鉢べ、不動尊掛物をかけたにしてべつたりつたの上に三味線をかゝへ、で時々前髪のあたりをかきながら、掛声をかけてはくと
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)