“三銭”のいろいろな読み方と例文
旧字:三錢
読み方割合
さんせん33.3%
さんびゃく33.3%
さんもん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、今迄毎月三銭かの会費であつたのが、に十引上げて、四六三十二雑誌へる計画で、く社員を募集したところ、たのでした
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
一枚散財さっせい、二銭か、三銭だ、目の粗いのでよかんべい。)……いきなり、人混みと、ぬかるみを、こね分けて、草鞋飛出して、(さあさあ山媽々が抱いて来てやったぞ)
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今僕に話すようじゃ、酸いも、甘いも、知っていて、旦那を三銭とも思ってやしない。僕が二厘の湯銭の剰銭で、(ちょいとこさ)を追返したよりは、なおく安くしてるんだ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)