“もろて”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モロテ
語句割合
双手49.0%
諸手26.6%
両手7.7%
双掌6.3%
雙手5.6%
兩手2.1%
双腕1.4%
両掌0.7%
両肢0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、三之助はまた、ね起きてかかってくる。それをまた、武蔵は、つかみ寄せて、高々と、日輪の中へ双手で差し上げながら
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この間に、帆柱からやや離れて上手へ廻った背の高いのが、諸手に斧を振り上げて、帆柱の眼通り一尺下のあたりへ、かっしと打ち込む。
大菩薩峠:18 安房の国の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
平次も、金太も、ガラッ八も、この真っ蒼な顔と、気違い染みた眼と、わななく両手の前に、思わず道を開きました。
夕告の、とり乱したる前き合せ。西に向ふて双掌を組み、を閉ぢてそのままに、息絶えけるぞ殊勝なる。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
氣丈らしい老母加世も、打ち明けて話した氣のみに、疊の上に雙手を突いたまゝ、ポロポロと涙をこぼすのです。
この時彼船にむかひて兩手をのべぬ、師はさとりてかれをおしのけ、去れ、かなたに、他の犬共にまじれといふ 四〇—四二
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
水夫が斯う叫びながら双腕を差しのべて、駈け抜けると、慌てふためいた校長
山彦の街 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
日のに背伸しつつも両掌にのせ白蓮の花をささげたり子は
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
春朧ろかがむ鼠のをさなきは両肢持ちそへ物ふふみ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)