“みやま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミヤマ
語句割合
深山76.4%
御山17.9%
見惱1.9%
深山鳥1.9%
三山0.9%
忠実0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りではけれどくすとはを、デハしからしませう深山がくれののおひさして莞爾とすれば、アレふてははぬぞよ
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「あなたは、この金剛寺へは、初めてのおでか。そしてこの御山の歴史について、山僧から何もまだお聞きになっていないのか」
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
秋深く木の実の熟するころにでもなると、幾百幾千の獦子鳥深山鳥、その他の小鳥の群れが美濃方面から木曾の森林地帯をさして、夜明け方の空を急ぐのもその十曲峠だ。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
三山という華族さんの家に起った事件でございまして、闇から闇に葬られましたものの、当時之が発表されていましたら、相馬事件以上に問題になったこっちゃろうと思うとります。
黄鳥の嘆き (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
「喜八郎まも今っから苦労をおせるで、忠実しい人におなりるら! どうしたって人間は他人様の飯を食べて見にゃみやましいものにはなれんでなむ!」
夏蚕時 (新字旧仮名) / 金田千鶴(著)