“みそか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
晦日78.6%
三十日15.1%
4.0%
三十一日0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先月の晦日から手前共の二階に泊まって居りまして、闇祭りの日のすぎに、これから一座のあとを追って行くと云って立ちました
半七捕物帳:68 二人女房 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
し此の三十日までに金が出来んで返金の出来ぬときは女房お村を貴殿方へ召使に差上げましょうと云う証文はどうです
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
日もつごもりのごと、闇を合図にとんとんと、まじりに戸を叩いたら、それを合図と思召して下さい。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)
前後に同一ような、三尺帯の若衆は大勢居たが、大将軍のような顔色で叱ったのは、の伝六といって、ぬらくらの親方株、月々の三十一日には昼間から寄席を仕切って総温習を催す
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ごころのふところに
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
ここに大山守の命は、天皇の命に違ひて、なほ天の下を獲むとして、その弟皇子を殺さむとする心ありて、けて攻めむとしたまひき。