“まごまご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
間誤間誤50.0%
魔誤々々15.0%
狼狽10.0%
間誤々々10.0%
忽諸5.0%
迷々5.0%
魔誤魔誤5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この最初の関所で間誤間誤してしまって、ここ以上には通ろうとしないのが、現状であるが、それでは一層ややこしくなる純粋小説の説明など、手のつけようがなくなって
純粋小説論 (新字新仮名) / 横光利一(著)
だから、いよいよベニイの部屋へ通されて、あの眼と口が、あなたの前に立った時、あなたは、まず、あなたの絹高帽をどこへ安置したものかと、魔誤々々するかも知れないのです。
踊る地平線:10 長靴の春 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
鈍痴漢の、薄鈍奴等糸瓜もあるものか、馬鹿な、軽挙な!』ハバトフと郵便局長とは、この権幕辟易して戸口狼狽く。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
こわれる外皮——スキイヤアスの悪夢である。すこしも続けて滑ることが出来ない上に、この種の雪は、廻転を絶対に不可能にする。間誤々々すると sitzplatz だ。山の中腹以下に多い。
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
これは外の談判と違つて唯金銭づくなのだから、素手で飛込むのぢや弁のひやうが無いよ。それで忽諸すると飛んで火に入る夏の虫となるのだから、まあ君が行つて何とか話をして見たまへ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
私は古草鞋や古下駄の蹈返された土間に迷々していると、上さんがまた
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
脇坂山城守は、一層魔誤魔誤するばかりだ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)