“うろた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
狼狽87.3%
周章10.1%
狼狙1.3%
1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青い稲田が一時にぽっとんだ。泣いたのだ。彼は狼狽えだした。こんな安価な殉情的な事柄にを流したのが少し恥かしかったのだ。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
あまりの事に周章えたか、これを早速大佐には告げないで、すぐに警察へ通知した。ひとまず主人に通知した上で警察へ通知したとて遅いことはない。
あの方たちさえ、その驚き工合御覧じまし、我等風情が、生命の瀬戸際と狼狙えましたも、無理ではなかろうかように考えまする、へい。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一筋道何処へもけることが出来ません、一角はえてへ帰ろうとすれば村が近い、仕方がないからさっさっと側の薄畳の蔭の処へ身を潜め、小さくなって隠れて居ります。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)