“なんど”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
納戸84.5%
何度15.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あとのほうはひとり言のようにいって、納戸にふとんをしきだした母親を見ると、さすがに松江も泣きやみあわてて家をとびだした。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
絵をならい始めていた頃の、まずいデッサンの幾枚かが、茶色にやけていて、納戸の奥から出て来るとまるで別な世界だった私を見る。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
落城後があの諸磯海辺佗住居をして時分などは、何度何度れてて、かとをつけてくれました。
宗助夜具つた、ひとりくなつてつてゐた。で、坂井からいた何度となく反覆した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)