“つらら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツララ
語句割合
氷柱93.3%
垂氷2.2%
氷刃1.1%
氷垂1.1%
氷簾1.1%
氷花1.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
睨み合って凄い四ツの眼! 顔と顔との中央にあたって、交叉をなした二本の氷柱つらら! 抜き身だ! 輝く! ブーッと殺気!
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
眼の前にぐいと五大力のとまいたへさきが見え、厚く積った雪の両端から馬の首のように氷柱つららを下げている。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そのうち日が雲から出て軒の垂氷つららの受ける朝の光とともに人の容貌ようぼうも皆ひときわ美しくなったように見えた。
源氏物語:53 浮舟 (新字新仮名) / 紫式部(著)
雨戸は開いたのに、私は少し風邪かぜの気味だといって床にいましたが、横目で見上げると、といのない藁葺わらぶき屋根の軒から、大小長短幾つもの垂氷つららの下っているのが、し初めた日に輝いて、それはそれは綺麗です。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
その女の一方の手は、三五兵衛の左の脇の下にしっかりと抱きこまれていた。また彼の空いている右手には、氷刃つららのような白い裸の刀が、歩くたびに、ぎらぎら光った。
八寒道中 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ことしの冬は、氷垂つららのなかにこめられた指頭花ですね。
軒先からは真白に凍て付いた、鉄管の氷簾つららがさがっていた。
立春開門 (新字新仮名) / 河井寛次郎(著)
あれは、冱寒ごかんの冬だったが、今ごろならば、氷花つららの樹々にも、もう山桜のつぼみがふくらんでいる時分
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——そのしょうやひちりきの音から伊勢の宮の稚児ちごたちおもい出され、んだ足をひき摺って登った鷲ヶ岳の樹々の氷花つららが、ふと考え出されたのであろう。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)