“じうきよ”の漢字の書き方と例文
語句割合
住居100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
品川住居からくもあらぬ其所氷川神社境内に、ぶも如何であるが、一けるにして靜地に、清水人造瀧つてるので
男の仕事鳥獸魚捕獲住居建築石器製造、舟の製造、發火等をとし、の仕事は植物性食物原料及び貝類の採集、み物、織り、紐類、土噐の製造、調理、小兒保育等を主とせしなり
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)