“しようせつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小説50.0%
詳説50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さまのみ六づかしけれど、れも御縁くてぎゆく、落葉な/\くて、いとゞく、時雨女子ども炬燵めて、浮世物がたりに小説のうわさ
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
大地震場合て、二階建三階建最下層危險であることは、詳説しないによくられてゐる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)