“しちゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
市中57.1%
支柱19.0%
司厨9.5%
四注4.8%
砥柱4.8%
肆中4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は今日初めて明るい紫紺金釦上衣を引っかけて見た。藍鼠の大柄のズボンの、このゴルフの服はかはで過ぎて市中は歩かれなかった。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
そして気絶した人が倒れている梁が支柱に組み込まれているに手がとどくと、ぐいと一度体を丸めてやんわりと梁の上に乗り移った。梁はかすかにえていた。
秋空晴れて (新字新仮名) / 吉田甲子太郎(著)
「大抵一席ノ佳味ハ司厨ノ功其六ニ居リ、買弁ノ功其四ニ居ル……」
大菩薩峠:25 みちりやの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
桁行七間、梁間四間半、茅葺四注造りで、表てに十帖の座敷が三つ、接待、中の間、上段の間とある。これらは南に面しており、裏の北側に化粧の間と茶の間が続いていた。
道衍のを燕王に薦むるに当りてや、燕王ず使者をして酒肆に飲ましめ、王みずから衛士の儀表堂々たるもの九人にわり、おのれ衛士の服を服し、弓矢りて肆中に飲む。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)