“まちぢう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
市中50.0%
町中50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
——昔オリンピアの選手達が、この市を通過する時には市中まちぢうの人々は悉くこの噴水の傍らに集つたといふことだつた。
山彦の街 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
——第一だいいち、もうみせとざして、町中まちぢう寂然しんとして、ひし/\とうちをしめるおとがひしめいてきこえて、とざしたにはかげれせまるくもとともにをそゝぐやうにうつつたとふのであつた。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)