“ことわざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コトワザ
語句割合
92.3%
俚諺5.6%
俚言1.0%
俗諺0.5%
諺言0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に「地獄の沙汰も金次第」というも、運命の沙汰はこの限りにあらず。ゆえに、王公貴人も運命に対しては大いに迷うところあり。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
それからまた一転して、今度は素子と俚諺の話がはじまった。その話では素子が感興を面に浮べ、帳面をひろげて書きこんだりしている。
広場 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
寸善尺魔俚言むべなる哉大藤武左衞門の女兒お光は孝行のならず隣家老婆婚姻の事如斯と歩行より思はぬ事の起りて喜ぶ幸ひも今ふり災禍を如何と尋るに此裏長家の家主を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
君の今言った秋茄子を嫁に食わせるなという俗諺も味がいからという訳であるまい、多分妊娠前や妊娠中の若い女に毒だから食べさせるなという親切なめだろう。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
棄ても歎願せねば第一だ母親の位牌の前へも言譯なし久左衞門とか云人のによりて迄に成人りたる者なるか親は無とも子はつとの諺言も今知られけるとは云物の是迄は苦勞辛苦
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)