“おたづね”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
御尋66.7%
御質問33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御尋おたづねの女はあれにといふ老僕の手に、些の銀貨を握らすれば、あまたゝびぬかづき謝して、直ちに戸外に出で去りぬ。
幼君えうくんたゞちに御披見ごひけんありて、「こは一段いちだん思附おもひつき面白おもしろ取合とりあはせなり。如何いかなんぢこゝろにもこれにてしとおもへるか」と御尋おたづね
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
不遠慮ぶゑんりよ御質問おたづねですがなあきみ。』と郵便局長いうびんきよくちやうはアンドレイ、エヒミチにむかつてふた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)