“頓才:とんさい” の例文
“頓才:とんさい”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外2
寺田寅彦1
折口信夫1
柳田国男1
“頓才:とんさい”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 動物学 > 鳥類33.3%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
唯、明治・大正の新短歌以前は、その発生の因縁からして、かけあい・頓才とんさい問答・あげ足とり・感情誇張・劇的表出を採る癖が離れきらないで居た。
歌の円寂する時 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
この話の頓才とんさいある者の発明であることは認められるが、もしそうならば「沓手掛けたか」の物語が既に出来た後、どうしてまたその同じ古い形を追おうとしたのか。
中にも有中は香以がその頓才とんさいを称して、常にかたわらに侍せしめた。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
格式に拘泥こうでいしない自由な行き方の誹諧であるのか、機知頓才とんさいろうするのが滑稽であるのか、あるいは有心無心の無心がそうであるのか、なかなか容易には捕捉し難いように見える。
俳諧の本質的概論 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
中にも良三の父は神田松枝町まつえだちょうに開業して、市人に頓才とんさいのある、見立みたての上手な医者と称せられ、その肥胖ひはんのために瞽者こしゃ看錯みあやまらるるおもてをばひろられて、家は富み栄えていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)