“迷惑千万”の読み方と例文
読み方割合
めいわくせんばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
迷惑千万なる話なれど是非もなく、囲炉裡の側にて煙草を吸いてありしに、死人は老女にて奥の方に寝させたるが、ふと見ればの上にむくむくと起き直る。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
所詮もなく、おせんにっては迷惑千万いなかろうが、遠慮会釈はからりとてたかましさからつるんだくよりも、一って、どっとばかりにせた。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)