“観棚”のいろいろな読み方と例文
旧字:觀棚
読み方(ふりがな)割合
かんぽう66.7%
ロオジユ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“観棚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし抽斎は俳優のを、観棚かんぽうから望み見てたのしむに過ぎない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ついでその舞台開ぶたいびらきゆうべにも招待を受くるのえいに接したのであったが、褊陋へんろう甚しきわが一家の趣味は、わたしをしてその後十年の間この劇場の観棚かんぽうに坐することを躊躇ちゅうちょせしめたのである。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
僕等とむかひ合つた観棚ロオジユに小林萬吾まんご、和田三造外二人の日本人も来て居た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
十分間の休憩を置いて管絃楽オルケストラが始まる度に下手へた連中れんぢゆうひき込んで、四方の観棚ロオジユの卓を離れて出る一双づゝの人間がいり乱れながら素晴しい速度で目もあやに踊つて廻るのは、美しい豉虫みづすましの大群を虫眼鏡で眺めて居るかと思ふ程の奇観だ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)